現地で外貨両替が必要になった時の最後の手段とは?

海外旅行や出張に行く時、いくら外貨両替すべきか迷いませんか?多く両替すれば安心ですが現金を多く持つのは危険です。
またお金をあるだけ使ってしまう人は、予め小額を両替えするのが良いかもしれません。
とはいえ、渡航先で現金を盗まれたり、予想以上に買い物をしたり、そこでしか買えない高額商品が欲しくなるなど、用意した外貨が不足する事態があり得ますので、そうした場合に備えておくことは大切です。
これは私の経験談ですが、現地最終日に余った通貨を使い切ろうとして、空港までの交通費までうっかり使ってしまったことがあります。
言葉もままならず、どうしてよいか分らず、出発時間が刻々と迫る中で半ばパニックになりました。
こうした備えとしてクレジットカードでキャッシングする方法を知っておくとよいと思います。
カードはVISAかMasterなら大丈夫だと思います。
JCBは取扱いが限られるのであまりお勧めしません。
これらのカードは大都市や空港のATMで銀行のカードで現金を引き出す要領で通貨を手に入れられます。
日本語でなくても操作の流れは似たり寄ったりですから臆することはありません。
ただし両替手数料の他にキャッシング利息が掛かる分割高になりますから、知った上でもしもの備えとして上手に使われれば良いかと思います。