フラット35Sの火災保険料はいくら?

オール電化の場合、火災保険料が安くなるという話がありますが、フラット35Sでは利用者に火災保険の加入が義務付けられています。
火災保険に入ることが義務付けられているだけで、どこの保険会社に入るかは指定されていません。
一般的な火災保険で、問題ないでしょう。

火災保険だけでも、保険の対象とする範囲を選ぶことができますが、オール電化の設備を整えている場合は、オール電化割引対応の保険会社も検討すると良いと思います。
また、最近では、必要な分の補償を選んで組み合わせることのできる、自分で選べる保険などもありますので、比較検討してみると良いでしょう。
住宅ローンを考えなければならないのに、火災保険も同時に検討するのは大変です。
検討期間を1ヶ月などと決めて行動していくとスムーズに進みます。